ブログはオワコンとなり、新しいステージへ

常々感じていることではあったのだが、ブログというコンテンツが終わりに向かっている。

正確な表現をするなら、淘汰がなされて、適性数になっていっているというべきか。

私がいくつか抱えている無料ブログの順位が、軒並み上昇してきているのだ。まあ、軒並みと言っても、ある程度のPVがあるものだけではあるのだが、そのブログサービスで抱えているブログの中での順位が上がってきている。ものによっては、ページランクやPV数は変わらないのに、ブログの順位は半分以下になったものもある。

これは、芸能人や広告宣伝の主戦場がブログからSNSに変わったことに起因しているのだと思われる。上位にあったブログのうち多くはそうした商業的なものだったからだ。しかし、見たことのある方はご存知だと思うが、その内容はものすごく薄い。その一行二行を書き込むためにブログを作ったのかと思われるほどである。SEO対策にしても恥ずかしくなる程度のものである。これがGoogleなどの検索エンジンに嫌われたという見方もできるが、一番の理由はもっと手軽で拡散が容易なTwitterなどのSNSサービスに注力する方向がシフトしたということだろう。そして、ブログは本当に好きな人だけが書くものとなってきたのだ。

結果、ネット上のブログは質が良くなったと感じる。以前ほど酷い内容のものが検索エンジンでひっかかることが無くなった。これは嬉しいことだ。

しかし一方で気になることもある。

最近のSNSはスマホやタブレットのアプリで起動する。インターネットウラウザを通さないで起動できるので、便利ではあるのだが、それに伴ってWebサイトを利用するユーザーが減るのではないかということである。それは結局、ブログやWebサイトという旧来のインターネットコンテンツの土台を利用する人が減るということであり、総PV数の減少や広告による収入の減少を招き、ゆくゆくは現在のインターネット文化を破壊していくことに繋がる。すると、掘り尽くされた鉱山のようになってしまうのではないかと心配なのである。最近のクッキーばかりを焼き続ける某ゲームのように、日本人は簡単で単純なものが好きなのだ。苦労しても見返りの少ないWebの世界、また検索してもたいした内容を探せないWebの世界よりは、アプリをタップするだけで優良動画の世界に行ける方を望むだろう。

そうして、私のような人が今、主戦場と位置づけて活動しているブログたちがどんどん淘汰されていく。コンビニのように新境地を開拓し続けながら純増を続けるのではなく、むしろ可能性を見出せないまま衰退してその数が減っていくのだろう。実際、ブログの土台を支えていた無料サービスはどんどん制限が厳しくなり、無投稿の期間にペナルティを与えてアカウントの削除を積極的に行なうようになっている。こうした流れにGoogle先生も肯定的で、更新頻度の低いブログは老舗だろうとページランクを落とし始めている。

そう、ブログは今、オワコンになってきている。しかし、あえて言おう。オワコンとは、本当の終わりではない。オワコンになってからが本番であると。勝間和代女史が自らをオワコンと称しながらも、露出が減っただけで変わらず精力的に忙しく活動を続けているように、オワコンを迎えてからが新しいステージなのだ。一時の狂気ではなく、安定し成熟したコンテンツに生まれ変わるのだ。

その時が、ブロガーたちが最も輝く時である。PV至上主義によって汚された、書く喜びと読む喜びという聖域を取り戻す時なのである。

読ませるブログ (ベスト新書)
樋口 裕一
ベストセラーズ
売り上げランキング: 33,917

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です