日本に蔓延する「嫌宗」思想・「嫌思想」思想

先日、東京都立川市の宗教施設前で死傷事件が発生した。

多くのメディアは「宗教施設前」という報道をしたが、一部メディアは「真如苑」とその団体名を明らかにして報道した。

マスメディアの中でもテレビにおいては、「不偏不党」「政治的に中立」であることが法律において求められている。独自色を出しやすい(地方)新聞などとは事情が少々異なっているわけで、おそらく「宗教施設前」と表現したところは情報ソースがテレビ関係、「真如苑」と団体名を表したところはその他メディアである可能性が高いと推測する。

ところで、「不偏不党」「政治的に中立」というのは、あくまで政治的な話であって、それを宗教に適用する必要は本来ないはずである。しかし、これらが今は「思想が偏らない」「思想的に中立」のような扱いになってきている気がする。右翼団体、左翼団体と言われる組織と、宗教団体と呼ばれる組織が同様の扱いになってきている気がしてならない。

こうした団体は世のためと思って活動しているし、実際に世のためになっている活動内容も多い。しかし、そうした活動は取り上げられず、問題を起こした場合や社会的な争点になった時だけクローズアップされやすい。なぜか?

その理由は「費用対効果」である。

政治思想や宗教思想には、特定の支持者がいるものである。

しかし、それ以上にアンチがいる。

このアンチは、単純にその思想に反対する人である場合もあるし、利害関係者である場合もある。このアンチたちへの対応が非常にコスト高になりがちなのだ。彼らは風評を作り出し、世間一般の人々を巻き込み、実際にデモに発展することも少なくない。マスコミも、一つの記事であまり面倒な敵を作りたくないのである。

だから「社会的正義の側」に置かれる状況がなければニュースとして提供することは少ない。良いニュースを報道しようものなら、他の宗教や思想も取り上げねばならないし、そうしたアンチの対応に時間と労力と資金を割かれることになる。事件のニュースであれば、注目も集めるし、アンチはメディアではなく直接その団体に対して抗議活動を行なうようになる。

結果、問題や事件がある時だけそうした団体は報道される。

それによって、「思想嫌い」「宗教嫌い」が蔓延する。

それが合わさると何でも批判の対象になる。たとえば韓国発のキリスト教団体であれば何でも批判される。その理由は「献金が韓国に流れる」からだ。

常識的に考えて、それの何が悪いのか。

外資企業であれば当然のことだが、宗教団体には認められない。海外から出稼ぎに来ている労働者がいるとして、国に仕送りをすることは批判されるべきことか。同様のことがアメリカに対しては話にあがらない。

国家や政治的思想に対する好き嫌いと宗教的な好き嫌いの分別がないので、批判の矛先もおかしいのだけど、「献金が韓国に流れる」と言われると何が嫌なのかわからないけど嫌な思いがしてくるのである。

そうやって、日本中に「嫌宗」の雰囲気ができあがってしまった。宗教は問題を起こし、お金を騙し取り、殺人事件まで起こる。怖い。嫌い。そう思っている人は少なくない。しかし、そのような事件が起こるのは一部であり、多くの宗教人たちは平均以上に良心的であり善良だ。

宗教における事件はよく報道されるが、アンチ宗教の事件は報道されることが少ない。アンチ宗教を推奨する側も、危険視されている思想団体や宗教団体のような手口をとっている場合も少なくない。

とある宗教に入信した子供(成人)を取り返すべく、親と相談した結果、通勤・退勤中に拉致し、外からしか鍵を開けられないマンションの一室(マンション全体がその目的と構造の可能性あり)に監禁し、退会を決意するまでその団体に関するネガティブ情報を提供し続けるというマインドコントロールめいた事件は今もなお枚挙に暇がない。しかし、そんなことは話題に上がらない。

日本に蔓延しているこの「嫌宗」思想・「嫌思想」思想は、何か特定の枠の中に我々日本人をはめこみ、均質化しようとする。現在のグローバリゼーションやダイバーシティと逆行する思想なのではないかと思う。

文部科学省はスーパーグローバル大学を作るよりも、そうした宗教・信条、思想・結社に関する理解と教養を深めてあげる方が、本当の意味でグローバル化した人材育成が進むのではないだろうか。

以下で紹介する本は、カルト対策に励む大学側が、逆にカルトめいたことをしている実態が描かれている。こういう側面があるということを知っておくことも大切だろう。

大学の宗教迫害
大学の宗教迫害

posted with amazlet at 14.10.10
室生 忠
日新報道
売り上げランキング: 669,100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です