食糧問題を考え、プランター農業を始めた2015年

 

山善(YAMAZEN) 水耕栽培キット 畑deおやさい YVP-40 (家庭菜園)
山善(YAMAZEN)
売り上げランキング: 1,448

だいぶ遅くなったのだけど、新年あけましておめでとうございます。

年末年始は家庭の事情も重なり、筆が全然進まずに今日になってしまったのだけど、今年もグダグダと書き綴っていきたいと思う。

さて、正月に親戚周りをしたら、庭であれこれと野菜を育てている親戚から野菜をカゴひとつ分いただいた。10種類くらいの葉野菜とトマトやピーマンをいただく。夏にもニガウリをいただいたのだけど、今回もいろいろいただいた。

正直言って、やはり素人農業であり、プロが作った商品作物の美味しさには全然敵わないのだけど、それでもサラダで勝負するのではなく調理して食べる分には大差ない。このくらいのものが作れるのなら、自分でやってみたい。

そういう気持ちになって、プランターと野菜の苗をいくつか買ってきて、自宅のベランダで農業を始めることにした。

土を敷いて、苗を植える。とりあえず茎の近くは少し大目に土を盛っておくらしい。後で知って慌てて土を増やす。

水やりが難しい。土が乾いたら水をやる?そんな皮膚感覚で大丈夫なんだろうか。土の中はまた違うだろうに。それでもきっと重力が何とかしてくれると思いながら表面が乾かないように気をつかって水を与える。観葉植物だと鉢底から水が出るくらいという話。つまり、土の保水力が許す分与えようってこと。しかし、それだと土が流出してしまい、妻に激怒されるのでどうしよう。萎縮しながら水をやる。足りないんじゃないかと現在まで心配である。

しかし、水やりはなぜ、じょうろを使う必要があるのだろう?「じょうろ 水やり 効果」で検索すると、ゲームのどうぶつの森シリーズの攻略記事ばかりが出てきて全然わからない。きっと広範囲に水がまけて経済的なのだ。きっとそうに違いない。それなら別にペットボトルくらいで代用しても構わないだろうとじょうろは使わないことにする。

そんなこんなしながら、ブロッコリーとトマト、そしてハーブ類が着実に成長してきた。どの程度の養分が必要なのかわからないし、この程度の土と普通の水道水で育った野菜がどれだけ美味しいのかと言われると正直自信がない。しかしながら、育てる楽しみを買ったと思えばいいのかもしれない。トータルで3000円もまだ使ってない。

とはいえ、経済的にはこちらの記事を見ると厳しそうだ。

利益の研究所「家庭菜園の利益について本気出して考えてみました」

プランターひとつで農業をしてみたところで、成功時に予想できる収穫量はスーパーでの価格にしてみてざっと600円くらいか。初期投資を考えると5回くらいは収穫しないと割に合わないじゃないか。ふむ。

さて、そんな風にしながらプランター農業を楽しんでいるわけだが、将来を考えた時に、やはり食糧はもっと自給しなくてはならないと思う。現在、インフレが徐々に進んできているが、狭い国土でそれなりの人工を抱えていれば、どこかで必ず食糧や資源の問題に行き当たる。山や平地にはどんどん新しい建物が建ち、農地そのものが減っている昨今、日本における食糧生産はどんどん干上がっている。もしも他国からの輸入が止まったら大変だ。

もともと身土不二とも言うように、土地の食べ物を食べるのがその土地に住むには一番良い。各国からの輸入品で構成される食卓は日本人としての個性と健康を損なっているという考えもできなくない。だからこそ、もっと自分たちで食糧を作る技術や自然から食物を採る知識は知っておくべきだと思う。戦後は、地域によっては雨後には食べるためのカタツムリやカエルを探しに子供たちが外に出たという話もある。そういう強さが僕らにももっとほしい。

大真面目にこういうことも考えて、今日も愛するトマトに水を注ぐのだ。

あなたが私のノアの方舟だ、なんて文学的?な言葉もかけてあげながら。

それでは今年もよろしくお願いします。

 

2件のコメント

  1. いつも拝見しています。
    じょうろは水の勢いを弱めるためのものです。
    まとまった量が一度に一か所に注がれると、土が掘れて根が出てしまうこともあります。
    また泥が跳ねて葉の裏に付くと病気の原因にもなるので、泥はね防止の効果もあります。
    さらに土の底まで全体に深く水を含ませようとしたら、広く少なく何度も何度も長時間まき続けることが必要です。
    特に露地の畑の場合は。そこでじょうろが有効です。
    一か所に注ぐとすぐに流れていってしまい、ほとんどしみこみません。
    でもプランターで少しの株数ならていねいにできるだろうしペットボトルでぜんぜんいいと思いますよ。
    収穫が楽しみですね。

    1. コメントありがとうございます。
      なるほど、そういうことだったんですね。確かに土が少しずつ動いているような気がしていました。泥の件は知らなかったので助かりました。やっぱり何でも口にしておくべきですね。教えてくださって感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です