2015年にプレイしたフリーゲームを振り返ってランキング

今年もプレイしたフリーゲームを振り返ってランキングを勝手につけてみた。

年末年始のゲーマーたちに、ぜひプレイしてほしいと思う作品ばかり。

最近流行のホラーゲームは私は全然やっていないし、もっといろんな種類のものをプレイしても良いかもしれないが、やっぱり個人的にRPGやSLGが一番楽しめている。

かなり偏ったランキングになるがご容赦いただきたい。

ちなみに、去年のランキングはこちら

それではもったいぶらず、上からどんどん見ていこう。

1位:Lost Technology

LostTechnology

【LostTechnology 公式】

【SRPGはキャラが命。「LostTechnology」】(本ブログ記事)

栄えある1位は、ヴァーレントゥーガの派生シナリオであるLost Technology。
個性あるキャラクターで暴れまくり、世界を統一するゲーム。

ビジュアル、キャラクター、そしてゲームのやりこみ具合など、どれを取っても楽しめる。惜しむらくは、チュートリアル不足でヴァーレントゥーガ系のゲームを未プレイだと何をどうしていいかがわかりにくいところか。

どんどん正史シナリオも拡張され、更新されている模様で、キャラクターたちに次々とボイスまでついて、もはや商用ゲーム顔負けのクオリティと化している。

年始にでももう一度プレイしてみよう。ゲーム自体も成長しているというのは、今の時代ならではの恩恵であり、開発者とファンの熱意あってこそだということを忘れてはならない。これが無料なのだから、感謝するのみである。

2位:Mystic Star

mysticstar

【New RPG Project (作者サイト)】

【こういうRPGがしたかったというフリーゲーム「Mystic Star」】(本ブログ記事)

昔懐かしいSFCっぽいビジュアルの王道RPG。
非常にシステムもわかりやすく、シナリオも戦闘も軽快に進んでいく。

途中から自由度が格段に上がり、どこに行けばわからなくなる反面、どこに行っても良いようにゲームバランスが取られている。

特技や装備の設定次第ではラスボス撃破もそれほど高レベルである必要がないのも面白い。とはいえ、簡単でもないという絶妙のバランスが心地よい。

「慣れ親しんだRPGってこうだった」と思わず納得してしまう出来に、思わず快哉を叫びたくなる作品だ。

3位:AME CHAMP

AIM CHAMP

【Rido Games ブログ(作者ブログ)】

【こんなロボゲーがしたかった!フリーゲーム「AME CHAMP」】(本ブログ記事)

正直1~3位は甲乙丙つけがたいほどにそれぞれいい印象があったのだが、最後は結局ゲームの種類の好みになってしまった。

3位はタイマンでのロボバトルが楽しめる「AME CHAMP」。

ロボをカスタムし、パイロットを鍛える。
単純だが、ロボの種類、パイロットの種類、武装の種類によって戦法は多様に変わる。
戦術を考えて何度も挑むのは非常に楽しいもの。

タッグ戦ができたりしたらさらに戦略性が増して面白かっただろうが、ロボゲーというだけでも個人的には燃える。そしてグラフィックも凝ってて面白いの一言。

ちょっと遊ぶには非常に楽しいゲーム。

4位:elona

elona

【Elona(公式)】

200時間を超えてやっとelonaがクリアできた話

4位は有名な超大作elona。攻略方法を知らず、手探りで様々に研究したならば恐ろしい時間を要したであろう、最強クラスの時間泥棒。もう、ここまでくると寿命レベルで数日奪われていると言っても過言ではないかもしれない。

楽しみ方は無限大で、何でもできる。それが最大の魅力。

いつ、何時思い出してやり出したとしても、きっとのめりこんでしまいそうな作品だ。

 

5位:ユトレピアの伝説

ユトレピアの伝説

【ユトレピアの伝説(作者ブログ)】

【レトロな雰囲気が心地よいフリーRPG「ユトレピアの伝説」を考察する】(本ブログ記事)

非常に哲学的で断片的なストーリーとレトロなグラフィックが特徴のRPG。

しかし、同時に非常に緻密に作られているということがわかるゲームでもある。

テンポよく全てが進行していく中で、いつしか大事なことを忘れる、または考えるようになる。

何のために冒険しているんだっけ?魔王を倒さないといけない理由は何だっけ?

考えれば考えるほど、このゲームの真意が気になる、そういうゲームである。

次点・その他

以下は次点としてあげておきたいゲーム。リンクは本ブログでの記事。
個性的で印象深い作品を今年はプレイしたという気がする。
来年はもう少し手を広げてみて、いろんなゲームをしてみよう。
そして、自分でもゲームを作ってみようと思うのだった。

ワールドピース&ピース
カナガワ創世記
ラ・カンパネラ ~遠い日の歌声~
ぼくは勇者じゃないよ
余命ナイ

RPGツクールMV
RPGツクールMV

posted with amazlet at 15.12.29
スパイク・チュンソフト (2015-12-17)
売り上げランキング: 21
ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術
平山 尚(株式会社セガ)
秀和システム
売り上げランキング: 15,657

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です