謎と納得の感動を生むソッカーゲーム「マリモパンツ」

今回のフリーゲームは、個人的には今年のベストゲームになりうると期待している。

それが「マリモパンツ」である。

マリモパンツ01

【こじのページ(作者サイト)】

【ダウンロード(ベクター)】

画面を見れば、サッカーだとわかる、と思いきや種目は「ソッカー」。

画面の雰囲気からは正直クソゲーを覚悟していたのだが、期待を裏切る異色のエンターテーメントゲームであった。本当に見た目ではわからない。

マリモパンツ02

主人公のまりもは緊張するとオナラが出る特異体質。その体質ゆえに友達ができず、生きる意味を失っていた。そこに現れるのが謎のお笑い芸人パンツ。このパンツとの出会いによって、まりもはソッカーの道へ入っていく。ちなみにソッカーについてはプレイしながら理解してもらえたらと思う。

マリモパンツ03

マリモパンツ04

というのがストーリーなのだが、ストーリーを追いかけてもひどい設定だと思う。正直に言って、開始30分くらいはいまいち面白いのかどうかわからないだろう。画面の見た目やプレイの方法はテクモ版のキャプテン翼のようなものなのだが、なかなかにやってみるとハマる要素が多いのである。サブゲームやアイテムも多彩で飽きさせないし、ボイスつきというのも10年前に出たフリーゲームとしては非常にチャレンジングだと思う。

予想の斜め上を行くプレイの数々と、そして後半になるに連れて泣けてくるストーリーは非常に熱い。そして、試合ごとにいろんな仕掛けがあるので、試合を終えたときにはカタルシスが非常に多くていいのである。序盤のもどかしさはでガマンしてプレイしてみてほしいと思う。

マリモパンツ05

初登場から長いので、攻略サイトも充実しているが、フォーメーションやキャラの育成方針、戦略やプレイスタイルなど、自分であれこれ楽しむ要素が非常に詰まっているので、自分で好きなように楽しむのがソッカーらしくて良いだろう。

むちゃくちゃな設定とは裏腹に、ゲームバランスが非常にしっかりしていて、私は無敗でクリアできたが、ほとんどの試合は1点差の薄氷の勝利。延長戦も多かった。諦めたくなる展開も多かったが、何とかなるようになっている。

非常にキャラクターが立っているゲームであるので、好きなキャラクターも人によって全然違うだろう。しかし、やはりヒロインはサオリ様なんだろうと思う。残念ながら主人公とヒロインは別なようだ(レズ要素はありません)。

個人的には源さんが最終版で奇跡のセービングを連発してくれて助けられたので一番のお気に入りである。SGGK?何それ、である。次がチェケOH。

2016年には完全版が出ると作者が宣言しているが、とても期待しながら待ちたい。

とにかく、謎の感動も納得の感動もたくさんあった。泣きたくなった。

重ね重ね、見た目で判断してしまったことを申し訳なく思う、名作であった。

感想を一言(二言?)で言うと、

「マリモパンツは私の大事なものを奪っていきました。・・・週末です」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です