萌えかと思えばガチで面白い3Dダンジョンゲーム「ブルーバレット」

最近、書きたいことを書く(まとめる)時間がないので、まるでゲームレビュー用のブログになってきている。これはまずい。

しかし不思議なことに、ゲームレビューは筆が進むのである。
好きでやっているからだろうか。
もしくは、プレイしたからこそ、まとめることに負担感がないからか。

今回は、睡眠時間を削って行ったフリーゲーム「ブルーバレット」を紹介しよう。

bluebullet00
【プチレア(作者サイト)】

ゲームは、日本国内のとある研究施設の中からスタートする。

主人公のリオたち自衛軍(自衛隊から変わった)チームは、工場見学の際にSOSを受けて、研究施設内のシェルターで謎の生物に襲われる少女を保護する。しかし、けん制のために放った銃弾がシェルターのポンプを破壊してしまい、非常事態と誤認されたシェルター内のシステムにロックがかかり、脱出不可能に。謎の生物が多数徘徊する施設内を、出口を求めて探し回ることになる。

と言うのがあらすじだ。

このゲーム、簡単に言えば3Dのダンジョン探索ゲームだ。

キャラクターが可愛げがあり、画面も明るいので、同じ3Dダンジョン探索ゲームの、カナガワ創世記より、ずっと気分が良い。

bluebullet01

しかし、このダンジョン探索に面白い制限がついている。「歩数制限」だ。

限られた歩数でどこを通るかを決め、宝箱を回収し、敵を倒してレベルを上げていく。

また、敵を倒したり宝箱に入っている結晶を集めることで、設備を補修したりアイテムや装備を作ることができるようになっている。これは戦術を考える最重要要素と言ってよく、工夫や個性が反映される。

bluebullet02

各階にはいろんな特性があり、また強敵が配備されているが、JACKとラスボス以外は回避可能だ。JACKはB6で回避してもB5の階段前にいるので回避できない。B5で到達する頃にはザコかもしれないが、疲弊していると厳しいこともあるので注意しよう。

bluebullet03

各階クリア後には得点が表示され、ゲームクリア時の得点もセーブされるようになっている。最高得点を狙ってみるのも良いだろう。初めてでも5~6時間、慣れれば2時間~3時間前後でクリアまで行けるので、繰り返しプレイしやすい。

bluebullet04

bluebullet05

ゲームバランスも非常に良いので、プレイしやすい。
初心者から玄人までオススメできるフリーゲームだと思う。

アナザーストーリーを含めて6周してみて、おおよそ必要なことはわかったので、ワケ知り顔で攻略情報もトピックを分けて紹介しておこう。

ブルーバレット キャラ短評

キョウ: 教官。盾役。とはいえ、武器や技は強いので、強力武器を持たせ、アクセレーターをつけると低コストでハイパワーというファイターに。銃は終盤は不要。

リオ: 主人公。スキルが優秀。状態変化を防止する装備が手に入れば、スタンなしでチャージが使えるという鬼畜性能になる。ガトリングは強烈だが、終盤の銃は弾数が少ないのでスペアを持っておくこと。

タマオ: メインアタッカーと思いきや脇役。序盤はスライディングキック、中盤以降はガードブレイクパンチのお世話になる。当たりにくい技も多いため、武器は攻撃力よりも命中重視が良い。

リョウコ: おそらく最強キャラ。早い段階で強いライフルを持たせると、跳弾が使えるようになると無双し始める。攻撃力によっては牽制射撃が必殺レベルになるというトンデモ性能。

ハルカ: アナザーモードで利用可能なキャラ。二丁拳銃がやりたかっただけと思われる。打たれ弱く、安定感がないので、キョウの方がずっと使いやすい。

bluebullet06

各フロア

【B7F】
語る必要のない。チュートリアル的フロア。
とにかくスライディングキックからスナイプ。

【B6F】
急に敵のレベルが上がり、マップも広い難しいフロア。
B7Fで装備をどう整えるかでJACK戦は難易度が変わる。
ラミアはこの段階ではマジで強いので、キャンセルや行動送りを利用して、攻撃を受けないように注意しよう。

【B5F】
ここも広い。そして敵の耐久力が高くスタンもしないので、長居は禁物。
ティターニアは威嚇射撃からのスナイプ攻撃が最も有効。
ツターは火をつけること、攻撃させない、攻撃力を下げることを大事に。

【B4F】
敵の耐久力が高く再生する困ったエリア。
ただ、タマオのスライディングキックは効くのでB5Fよりはマシ。
ここのボスは基本的にツターと同じ対応で良い。
手が足りなければブルースマッシャーが有効。

【B3F】
敵がとにかく固い。火力がないと苦労する。
ボスは全部クロイヤツ。ガードブレイクパンチが生命線だが、意外に燃焼も凍結もする。

【B2F】
毒ガスが気になるところではあるが、ガスマスクなどが無くても意外に何とかなる。
ボスのインフェルノは炎の壁が厄介だが、バニッシャーで消せるので問題なし。

【B1F】
とにかく広く、最短距離で行くにはボス3体を倒す必要がある。連戦はきついので、一度は帰還すべし。
ドラゴン以外のボスはここまで来れるなら勝てないことはない。
ドラゴンは通常モードではラスボスより強いので、迂回しても良い。
落ちているアイテムはスペシャル装備が多いので、装備に投資できなかった人は是非取っておこう。

【1F~】
一方通行の展開。
ラスボスは、取り巻きが倒れると復活させるので、取り巻きを一体ずつ倒しておくと復活作業で攻撃できなくなる。攻撃は痛いので、なるべくされないように注意しながら戦おう。ある程度HPを削ると正体をさらけ出すが、この頃には燃焼が100%になるので火をつけてしまおう。
ちなみにラスボスはアナザーモードではHPが大幅に上昇する。焦る。

bluebullet08

全体的なこと

歩数ボーナスが最も大きいが、ボスを連戦しても勝てる実力が必要。
実際には宝箱を全回収しながらレベルと装備を上げて、ダメージを受けない方がハイスコアが出やすい。

メイン火力を決めて、他はつなぎに徹した方が強い。

bluebullet07

余った使用アイテムは拠点で休んだときに引き取って結晶にしてくれるので、結晶が急いで欲しい場合は休んで結晶を回収しよう。財テク大事。時間に注意。

投資は3~4段階まではバランスよく、その後はまず装備に投資した方が良い。秘薬や特技は魅力的だが、装備から受ける能力値ボーナスの恩恵は大きい。

 

以上、久々にやりこんだゲームだった。
Idiot」、「AME CHAMP」の時くらいに頑張ったと思う。
結局、軍事もの好きなんだよなぁ。コミックボンボン世代だからだろうか。

 

現代大戦略2008~自衛隊参戦・激震のアジア崩壊! ~ [ダウンロード]
システムソフト・アルファー株式会社 (2014-04-21)
売り上げランキング: 42,111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です