Webライターという仕事のグチ

Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!
志鎌 真奈美
技術評論社 (2016-05-07)
売り上げランキング: 29,500

仕事のグチ。

Webライター稼業はその待遇がピンキリなのだが、
結局はクライアント次第なところがある。

中には誤字脱字だらけで、校正も何もされていないような記事が商業用のサイトに掲載されていたりするのだが、そういうものを見ると恥ずかしい。クライアントがぶっ通しで掲載を許可してしまうからだ。

最近はネットによって多くの情報が手に入るようになった。

しかし、そうだとしても素人は素人だ。
専門家との間の知識の差、理解の差、専門分野における情報リテラシーは天地の差がある。

クライアントの中には、自分がライター以上に知識があると考えている人も多い。
もちろん、そういう場合もあると思うが、ちゃんと文章を読んだり、
突っ込んだやり取りをしてみたらわかるはずだ。

ターゲットをどこに置き、何に気をつけて書いているのか。
Webメディアの記事なら、SEO対策をしやすい文章になっているのか。
キーワードを何だと考え、また効果的な集客についてどう考えているのか。

リアルとWebでは違うところがあるのだが、それを理解していなかったり、そして最近のSEO対策ではなく、数年前の本の知識で依頼をかけてくる。

書くのはできる。
しかし、成果が出ない。
クライアントはまた指示を出す。
その指示に合わせて納品するも、成果が出ない。

これの繰り返しである。

いまだにキーワードの出現率を気にしている人も多い。

もうgoogleも「読者に役に立つ、見やすい記事を書け」と言っているのに、無理矢理にキーワードを詰め込ませようとする。

リアルの商売で活かしたいなら、大事なのは地域の反応であろうに、全国規模でビッグワードのSEO対策を行なおうとする。担当者の自己満足でしかない。

若い担当者なら話せば通じることもあるが、タチが悪いのは下手に役職のある中高年の担当者だ。

容量の大きなデータを平気でメールで送りつけてきたり、デジカメのSDカードのデータを整理もせずにそのまま共有のDropboxに放り込んだりして容量を圧迫してくる。御社だけが客ではない。人様のインフラを壊さないでほしい。現代的なビジネススキルが欠如しているとしか言いようがない。

いい加減にしてほしい。

アルバイトで適当にやっているライターはともかく、ずっとライター稼業でやっている人間はそこまでバカではないのだ。少なくとも、そのノウハウについては依頼人よりずっと先を行っている。

単価を上げろとは言わないから、もう少し敬意を持て。

直接名前も社名も出せないので、ここにグチを書く。

 

Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識
かみむら ゆい V(-\-)Vごとう さとき 染谷 靖子 冨田 弥生 松沢 未和 みちだ あこ 八湊 真央 夕凪 あかり らくしゅ みっくす
技術評論社
売り上げランキング: 106,546

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です